OB会の皆様、こんにちは。第21ブロックの荒井敏樹です。
今週月曜日10月20日に行われたヤマハOB会秋の懇親旅行に参加しました(^^) 少し雲が多く、残念ながら富士山の勇姿を見ることはできませんでしたが、楽しく一日を過ごすことができました。

続きを読む: POLA美術館と私(荒井敏樹)

 

暑かった夏も過ぎ、また、例年にない10月の台風も浜松には大過なく過ぎ、山にも実り大きな秋を迎える季節になりました。我が家の柿も今年は7個と少なかったですが、なんとか実をつけてくれました。海の方はといえば、9月例年戻りカツオが御前崎沖に寄ってくれるのですが、ほんの数日釣れただけでどこかへ行ってしまったようです。
続きを読む: 久永裕也の「釣り日誌」 その8

第6ブロックの増井 武です。

皆さんは「天竜浜名湖鉄道」通称「天浜線」を利用された事がありますか。私は昨年9月、天浜線を掛川から新所原迄の全区間乗車し「天浜線駅舎巡り」というビデオ創りました。

天浜線には38の駅がありますが、文化財に指定されている11の駅に、始点・終点の2駅を加えた13の駅を撮影しました。

続きを読む: 天浜線駅舎巡り ビデオ3部作 (第6B 増井武)

  第9ブロック IT担当の長谷部です。度々の投稿で恐縮です。 8月31日、クラウドファンディング「READYFOR」を利用して、プロ棋士の13路盤囲碁トーナメントを実現させようというキッズ5の提案に賛同し、日本棋院まで出かけました。 13路の囲碁はマイナーな世界ですが、時間が掛かる通常の19路に比べると半分以下の時間で打てますので、忙しい現代人向けになっていると思います。対局したプロ棋士の評価も難易度は見劣りしないということでした。私は、初級者を教える上で、大いに活用しています。

 

続きを読む: プロ棋士の13路盤囲碁トーナメント観戦記

老子は常々、私達在家に対して坐禅を通して、自分が自分に徹し、自分が心に徹して、ずーっとやっていくと、日常生活に於いて必ずどこかで役立つときがあるいうことを言っていたから、そう願って与えて下さったと思い老子の大慈悲に感謝しているところです。

続きを読む: 3、40年前ヤマハに坐禅クラブがあった当時の体験記(4)

私の坐禅は、薄い坐布団に半跏趺坐(はんかふざ:左の足を右の腿に深くのせ)で坐り、もう一枚の二つ折りした座布団を尻に当て、脊梁骨を真っ直ぐに立てて、気海丹田(下腹)に気を満たして、吐くとき下腹にぐいぐいと最初は強いが、次第に弱く、静かに細く長く、入る息は自然に入るにまかせるが、慣れてくると、呼気も吸気も自然と下腹に軽く力が入ったままできるようになる。始めは目を閉じるが、落ち着いてくると、自然に開いて1メートル前方におとす。

続きを読む: 3、40年前ヤマハに坐禅クラブがあった当時の体験記(3)