第41回静岡ヤマハOB会ゴルフコンペは、2019年6月4日(火)ゴルフ日和の好天に恵まれ、葛城ゴルフ倶楽部宇刈コースで45名の参加を得て開催されました。スタート前に練習グリーンで開会式を行い、岡部会長また新しく副会長に就任された小野田さんからご挨拶がり、ルールやコンペ方式の説明、また今回はバーディー賞の設定はないといった説明を行い、練習グリーン前の斜面で集合写真を撮り、OUT/INそれぞれ6組づつ、順次スタートしていきました。

当日の天候はエクスキューズがまったくできない、無風の晴天のコンディションで、少し動くと汗ばむほどの陽気となりました。葛城は普段でもグリーンは速いのですが、ちょうど先週にシニアの大会があったとのことで、早いグリーンに皆様苦労されたようです。しかしながら、OB会の面々はこの程度のことはものともせず、上がってみると70台が1名、80台が9名、90台が17名と、今回もとてもハイレベルなスコアで皆様ホールアウトされました。

試合結果は、ダブルペリア方式によりハンディキャップが計算され、下記の方が上位入賞されました。

順位 競技者 OUT OIN GROSS HDCP NET
優勝 鈴木 順治 39 39 78 7.2 70.8
準優勝 守屋 富男 51 46 97 25.2 71.8
第3位 岸田 勝彦 47 47 94 21.6 72.4
             
BG 鈴木 順治 39 39 78    

 

岡部会長の隣から優勝鈴木順治さん、準優勝守屋富男さん、第3位岸田勝彦さん

全員がホールアウト後、表彰式が行われました。

飛賞、BB、NP、当日賞(4位)、BG各賞の発表があり、その後上位入賞者の皆様が表彰され、会場は楽しく盛り上がりました。優勝者鈴木順治さんは堂々の78というスコアでBGも獲得され、素晴らしい結果となりました。下記の優勝のコメントをいただきました。「OB会に入会し11年目にして、奇跡が起きベスグロと優勝をすることが出来ました。同組の皆さんやキャディさんに支えられ、多くのラッキーなショットとダブルペリアの恩恵にも助けられた結果でした。シルバーティならではの距離も大変助かりました。 定年後は週3回の練習と月3回のラウンドを、気の合う仲間達とエンジョイゴルフして楽しんでおります。ラウンドの朝は小学生の遠足のように朝5時に起き、コースには7時には着いて腰痛対策のストレッチと練習をしてからラウンドしています。 古希を過ぎ体力的に難しくなりますが。あと10年はラウンドしたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。 」

また前回に引き続き80歳以上の参加者、星 十郎さん、石村和清さん、今村哲郎さん、木村正夫さん、寺田弘さん、鈴木重文さ、6名の方に長寿健康祝賞が贈呈されました。

長寿健康祝の皆様

次回の第42回大会は今秋の開催予定です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ひろば・ヤマハ村