【書・墨絵の部】 藤田あい子さん

藤田あい子さんは、「趣味の作品展」には第一回からずっと、毎年出品を続けていますので、今回で11回目の出展となります。
 


在職中から少しづつ習い始めていた趣味の日本画や墨絵、書などを、退職してからもずっと続けてこられ、毎年いろいろな作品を出展してこられたそうですが、今年はその中から、椿を描いた墨絵と、藤村の詩による「椰子の実」の歌詞の書を出品する予定です。

 

お年を伺って、一瞬耳を疑った程、お元気でハツラツとされているのにびっくりしました! ご本人は「ボケ防止」の為にやっているだけ、とご謙遜されますが、やはり生きがいとなる興味があってお好きな事と、才能が伴わないと此処まで継続し、上達できるものでは無いと、心から敬服致しました!人生の大先輩から、素晴らしい作品だけでなく、これからの自分の生き方のお手本を見せて頂いた様な気がしました。

藤田さんの口から「ヤマハという素晴らしい会社で働く事が出来て、本当に良かったと思っているのよ!」という言葉を何回もお聞きして、在職中は勿論のこと、退職されてからの人生も前向きに、充実した日々をお過ごしであることが伝わって来て、後輩としても、とても嬉しく思い、少しでも見習いたいものと思いました。 

前回出展作 花