【陶芸の部】大草 輝雄さん

大草さんは陶芸を始められて既に10年のキャリアの持ち主です。契機は退職後何か趣味を持ちたいと思っていたところ、丁度アイホールで陶芸教室の募集があり、家族の勧めもあり通いだしたとのことです。
 


教室では遠州湖東窯を主宰している荒川明先生に師事し、基礎から教えていただいたそうです。材料等は陶芸教室で用意してもらい、轆轤(ロクロ)を使い作っていくのがベースですが、ロクロで芯を出すのがなかなか難しかったとか。

趣味の作品展への出展は5回目になるそうですが、OB会の皆様に自身の作品を見てもらえる良い機会と捉え、製作にも力が入るとのことです。

OB会への出展以外にいろいろな展示会に出品されていて、全国規模の展示会でも入選したり、作品が売れたりしたこともあって、こういう時は製作に対するモチベーションが上がるとおっしゃっています。

今年の出展は、壺、大皿、花器の3点を予定しているそうです。陶芸作品はその人の見方(どこを見るのか)により、いい悪いの判断がされますが、大草さんとしては作品の形、色合い、全体の雰囲気を見てもらえればとおっしゃっています。
是非会場に足をお運びいただき、現物に接してもらいたいとの皆様へのメッセージです。

昨年の出品作品のご紹介

抹茶茶碗 志野、伊羅保
ドーナツ型花入れ